メニューを開く 検索を開く ログイン

ダ・ヴィンチは間欠性外斜視だった

 2018年10月29日 06:05
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 芸術作品の解析からレオナルド・ダ・ヴィンチは間欠性外斜視であったことが示された。英・City University of LondonのChristopher W. Tyler氏が、ダ・ヴィンチの自画像を含む作品6点(彫刻2点、油絵2点、素描2点)を解析した結果をJAMA Ophthalmol2018年10月18日オンライン版)に発表した。ダ・ヴィンチは間欠性外斜視で両眼視と単眼視を切り替えることができたため、立体感や遠近感の表現に優れていた可能性があるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  ダ・ヴィンチは間欠性外斜視だった

error in template: found but mtif was expected