メニューを開く 検索を開く ログイン

まばたき我慢でドライアイをチェック

 2018年10月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 まばたきを我慢できる時間(最大開瞼時間)の測定は、ドライアイ診断における簡便なスクリーニング検査として有用なだけでなく、セルフチェックの指標となる。順天堂大学順天堂医院眼科の猪俣武範氏、同科教授の村上晶氏らは、ドライアイスクリーニング検査としての最大開瞼時間測定の有用性とカットオフ値設定のための検討を実施。その結果、最大開瞼時間はドライアイ診断の必須項目である涙液層破壊時間と正の相関を示し、ドライアイ患者では有意に低下していることを明らかにした。詳細はSci Rep2018 ; 8: 13443)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  まばたき我慢でドライアイをチェック