メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  SPG刺激療法の虚血性脳卒中への効果は

wclc2018

SPG刺激療法の虚血性脳卒中への効果は

国際共同試験ImpACT-24B

 2018年10月30日 17:42
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 急性期虚血性脳卒中患者に対する翼口蓋神経節(翼口蓋窩にある副交感神経節:sphenopalatine ganglion;SPG)への電気刺激で予後は改善できるか―。米・University of California, Los AngelesのJeffrey L. Saver氏らは、SPG刺激療法の有用性を検討する目的で国際共同ランダム化比較試験(RCT)ImpACT-24B(Implant for Augmenting of Cerebral Blood Flow Trial, Effectiveness and Safety in a 24 hours Window)を実施。その成績を、第11回世界脳卒中会議(WSC 2018、10月17~20日、モントリオール)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  SPG刺激療法の虚血性脳卒中への効果は

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516816 有効期限:12月末まで