メニューを開く 検索を開く ログイン

wclc2018

SPG刺激療法の虚血性脳卒中への効果は

国際共同試験ImpACT-24B

 2018年10月30日 17:42
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 急性期虚血性脳卒中患者に対する翼口蓋神経節(翼口蓋窩にある副交感神経節:sphenopalatine ganglion;SPG)への電気刺激で予後は改善できるか―。米・University of California, Los AngelesのJeffrey L. Saver氏らは、SPG刺激療法の有用性を検討する目的で国際共同ランダム化比較試験(RCT)ImpACT-24B(Implant for Augmenting of Cerebral Blood Flow Trial, Effectiveness and Safety in a 24 hours Window)を実施。その成績を、第11回世界脳卒中会議(WSC 2018、10月17~20日、モントリオール)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  SPG刺激療法の虚血性脳卒中への効果は