メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  オラパリブ、卵巣がん維持療法で劇的効果

オラパリブ、卵巣がん維持療法で劇的効果

BRCA遺伝子変異陽性患者の一次治療:第Ⅲ相試験SOLO-1

 2018年10月31日 06:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 BRCA遺伝子変異陽性の進行卵巣がん新規診断例に対する一次治療後の維持療法において、PARP阻害薬であるオラパリブの投与により、病勢進行または死亡のリスクが70%低下したとする第Ⅲ相試験SOLO-1の結果が明らかになった。米・University of OklahomaのKathleen Moore氏らが欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2018、10月19~23日、ミュンヘン)で発表。N Engl J Med2018年10月21日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  オラパリブ、卵巣がん維持療法で劇的効果

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09516802 有効期限:9月末まで