メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  データ連結で妊産婦の死因が明らかに

データ連結で妊産婦の死因が明らかに

国立成育医療研究センターが357例を解析

 2018年10月31日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 妊産婦死亡は妊娠中から産後1年未満とされるが、産後は産婦人科以外の受診が多いことから、産後の死亡率および死因は明らかでなかった。国立成育医療研究センター政策科学研究部の山本依志子氏は、この課題を解決するためにデータ・リンケージという新しい手法を導入。妊産婦の死因の3割は自殺であるなどの実態を明らかにした。同氏は、9月12日に開かれた日本産婦人科医会記者懇談会で詳細を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  データ連結で妊産婦の死因が明らかに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516805 有効期限:12月末まで