メニューを開く 検索を開く ログイン

即効性より"守りの治療"を重視

ダニアレルギー性鼻炎アンケート2018①

 2018年11月01日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 例年、ダニアレルギー性鼻炎に関する調査を実施しているMedical Tribuneでは、今年(2018年)も6月にダニアレルギー性鼻炎を診療している医師を対象としたアンケートを実施した(関連記事「ダニアレルギー性鼻炎アンケート②」)。治療薬に関する設問では、今年4月に発売された新規の剤形(経皮吸収型)を有するアレルギー性鼻炎治療薬も含めて回答を得た。アンケートからは、同疾患の治療において即効性よりも副作用の少なさを重視する、いわゆる"守りの治療"を求める傾向がうかがえた。日本医科大学大学院頭頸部・感覚器学分野教授の大久保公裕氏の解説を交えて結果を報告する。
※対象は、Medical Tribuneウェブの医師会員405人(診療科の内訳は耳鼻咽喉科72人、アレルギー科36人、小児科88人、一般内科209人で、勤務形態は勤務医が219人、開業医が186人)。なお、診療全体の2割以上をダニアレルギー性鼻炎患者に充てていることを回答条件とした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  即効性より"守りの治療"を重視

error in template: found but mtif was expected