メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病第二選択薬は2クラスが中心に

ADA/EASD合同レポート

2018年11月01日 06:15

38名の医師が参考になったと回答 

(図〉 2型糖尿病における薬物療法のアルゴリズム20181019.jpgDiabetes Care 2018年10月4日オンライン版を基に編集部作成)

 

 米国糖尿病学会(ADA)/欧州糖尿病学会(EASD)の2型糖尿病治療についての合同レポートが発表された(Diabetes Care 2018年10月4日オンライン版)。両学会による合同治療指針が発表されるのは2006年以来5回目で、今回は3年ぶりの改訂となる。注目の改訂点は第二選択薬の位置付けで、これまでの横並び推奨から、SGLT2阻害薬とGLP-1受容体作動薬を中心とする体系に改められた(関連記事「ほぼ2つに絞られた糖尿病第二選択薬」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病第二選択薬は2クラスが中心に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD516871 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外