メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  PM2.5の短期曝露で死亡率上昇

PM2.5の短期曝露で死亡率上昇

東邦大学社会医学講座衛生学分野講師/国立環境研究所環境リスク・健康研究センター客員研究員・道川武紘

 2018年11月02日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕微小粒子状物質、いわゆるPM2.5の短期暴露で死亡率が上昇するという研究結果が報告された(J Epidemiol10月27日オンライン版)。著者の東邦大学/国立環境研究所の道川武紘氏に解説してもらった。

 微小粒子状物質(PM2.5)は、「大気中に浮かんでいる粒径が2.5μmより小さい粒子」で、大気汚染物質の1つである。日本では2009年に環境基準が設定されてから、大気環境常時監視測定局における観測が全国に広がったが、これまでPM2.5の健康影響についての国内での疫学分析は十分に行われていなかった。今回、日本で初めて全国規模でのPM2.5短期曝露(日単位の曝露)による死亡影響評価を実施した1)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  PM2.5の短期曝露で死亡率上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10516857 有効期限:10月末まで