メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効

kisspeptinが安静時脳活動に影響

 2018年11月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・Imperial College LondonのAlexander N. Comninos氏らは、生殖主要制御因子であるホルモンkisspeptinが脳内ネットワークに及ぼす影響を二重盲検二元配置クロスオーバープラセボ対照ランダム化比較試験で検証。脳の機能的MRI(fMRI)により評価。kisspeptinは安静時脳内ネットワークであるデフォルト・モード・ネットワークに影響し、性的興奮や気分に関連する脳領域の活動を変化させることが示されたとJCI Insight2018; 3: 121958)に発表した。同氏らは、心理的性機能障害や気分障害の治療にkisspeptinを応用できる可能性があるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効