メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効

生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効

kisspeptinが安静時脳活動に影響

 2018年11月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・Imperial College LondonのAlexander N. Comninos氏らは、生殖主要制御因子であるホルモンkisspeptinが脳内ネットワークに及ぼす影響を二重盲検二元配置クロスオーバープラセボ対照ランダム化比較試験で検証。脳の機能的MRI(fMRI)により評価。kisspeptinは安静時脳内ネットワークであるデフォルト・モード・ネットワークに影響し、性的興奮や気分に関連する脳領域の活動を変化させることが示されたとJCI Insight2018; 3: 121958)に発表した。同氏らは、心理的性機能障害や気分障害の治療にkisspeptinを応用できる可能性があるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516884 有効期限:12月末まで