メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効

生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効

kisspeptinが安静時脳活動に影響

2018年11月02日 06:15

29名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・Imperial College LondonのAlexander N. Comninos氏らは、生殖主要制御因子であるホルモンkisspeptinが脳内ネットワークに及ぼす影響を二重盲検二元配置クロスオーバープラセボ対照ランダム化比較試験で検証。脳の機能的MRI(fMRI)により評価。kisspeptinは安静時脳内ネットワークであるデフォルト・モード・ネットワークに影響し、性的興奮や気分に関連する脳領域の活動を変化させることが示されたとJCI Insight2018; 3: 121958)に発表した。同氏らは、心理的性機能障害や気分障害の治療にkisspeptinを応用できる可能性があるとしている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  生殖制御ホルモンが性欲低下やうつ病に有効