メニューを開く 検索 ログイン

"がん死ゼロだけでいいのか?"本庶氏が講演

オプジーボ登場後の課題語る

2018年11月02日 19:16

17名の医師が参考になったと回答 

22113_top.jpg

 今年(2018年)のノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まった神戸医療産業都市推進機構理事長/京都大学高等研究院副院長・特別教授の本庶佑氏が11月1日、日本医師会設立71周年記念式典・医学大会で特別講演を行った。講演で本庶氏は、抗PD-1抗体ニボルマブの開発経緯とその有効性、がん免疫療法における今後の課題を述べた。また、「将来、がん死がなくなっただけで人間は幸福になれるのか」と疑問を投げかけ、「患者の不安をなくすことも含めて、人間を幸福にするための医療を実現する必要がある」と持論を展開した(関連記事「本庶氏、「幸運の連続でPD-1を発見」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  "がん死ゼロだけでいいのか?"本庶氏が講演