メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  "がん死ゼロだけでいいのか?"本庶氏が講演

"がん死ゼロだけでいいのか?"本庶氏が講演

オプジーボ登場後の課題語る

 2018年11月02日 19:16
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

22113_top.jpg

 今年(2018年)のノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まった神戸医療産業都市推進機構理事長/京都大学高等研究院副院長・特別教授の本庶佑氏が11月1日、日本医師会設立71周年記念式典・医学大会で特別講演を行った。講演で本庶氏は、抗PD-1抗体ニボルマブの開発経緯とその有効性、がん免疫療法における今後の課題を述べた。また、「将来、がん死がなくなっただけで人間は幸福になれるのか」と疑問を投げかけ、「患者の不安をなくすことも含めて、人間を幸福にするための医療を実現する必要がある」と持論を展開した(関連記事「本庶氏、「幸運の連続でPD-1を発見」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  "がん死ゼロだけでいいのか?"本庶氏が講演

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11516921 有効期限:11月末まで