メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  保険診療となる遺伝子パネル検査の展望

保険診療となる遺伝子パネル検査の展望

がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会の提言

 2018年11月05日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 がん関連遺伝子パネル検査が今年(2018年)4月に先進医療として承認されたのに続き、来年度には保険収載されることが予想されている。国民皆保険下での同検査の実施はがんの個別化医療の新時代を開くと期待は大きいが、保険診療であるが故の課題(経済的負荷が大きい、利用可能な薬剤に制限があるなど)も残る。厚生労働省の「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」ではがんゲノム医療の提供体制について検討しており、座長を務める国立がん研究センター理事・研究所長の間野博行氏が、第77回日本癌学会(9月27〜29日)で同懇談会の提言を発表。遺伝子パネル検査を保険診療として提供するための新たな医療体制や運用方針を紹介するとともに、これを機に世界のがん研究をリードしていくとの展望を示した。(関連記事:「"東大式がん遺伝子パネル検査"への期待」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  保険診療となる遺伝子パネル検査の展望

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516856 有効期限:12月末まで