メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  膵がんリスクは果物で低下、野菜で上昇

膵がんリスクは果物で低下、野菜で上昇

国内コホート研究9万人超を解析

 2018年11月05日 06:00
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 国立がん研究センターなどの研究グループは、健康寿命の延伸を目的に実施した長期コホート研究JPHCの約9万人のデータに基づき、果物および野菜の摂取と膵がん罹患との関連を検討。その結果、膵がんの罹患リスクは果物摂取により低下し、意外にも野菜の摂取で上昇することが示されたと、Int J Cancer2018年9月26日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  膵がんリスクは果物で低下、野菜で上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10516900 有効期限:10月末まで