メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  心不全の新分類から見た診療と予後予測

心不全の新分類から見た診療と予後予測

 2018年11月06日 06:00
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 従来、心不全(HF)は左室駆出率(LVEF)によって、LVEFが低下したHFrEFとLVEFが保たれたHFpEFに大別されてきた。しかし、LVEFが軽度に低下している症例や以前はLVEFが低下していたが改善した症例など、より細かく、時間軸を考慮した上で分類することで新しい知見が得られるようになり、今年(2018年)刊行された『急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)』(以下、GL)においても、これらの点が反映された。LVEFの経時的変化から見た心不全診療と予後予測について、現時点での知見を国立循環器病研究センター心不全科部長の泉知里氏が第22回日本心不全学会(10月11~13日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  心不全の新分類から見た診療と予後予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11516909 有効期限:11月末まで