メニューを開く 検索を開く ログイン

たばこ規制で肺がん死亡率が驚きの低さに

米・カリフォルニア州の調査

 2018年11月07日 06:00
プッシュ通知を受取る

224名の先生が役に立ったと考えています。

 米・カリフォルニア州では、肺がん死亡率が同州を除く全ての州の平均より28%低いことが、米・University of California,San DiegoのJohn P. Pierce氏らの研究から明らかになった。同州は全米で最も早く包括的なたばこ規制を導入しており、規制により特に若年者での喫煙率が著しく低下し、肺がん死亡率の低下に寄与したことも分かったという。詳細はCancer Prev Res2018年10月10日オンライン版)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  たばこ規制で肺がん死亡率が驚きの低さに