メニューを開く 検索を開く ログイン

親はなぜHPVワクチンを拒否するのか

 2018年11月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

 米国では2006年に女子、2009年には男子で9歳からヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種が承認されたが、2017年の接種率は65.5%といまだ低いことが指摘されている。米・Johns Hopkins MedicineのAnne Beavis氏らは、HPVワクチンに関するアンケート結果の解析から、親が子供にHPVワクチンを接種させなかった理由として「安全性への懸念」や「必要がない」などの回答が多かったことをJ Adolesc Health(2018; 63: 652-656)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  親はなぜHPVワクチンを拒否するのか