メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  コリネバクテリウム感染症の起炎菌種を探る

コリネバクテリウム感染症の起炎菌種を探る

 2018年11月08日 16:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 近畿大学眼科学准教授の江口洋氏は第72回日本臨床眼科学会(10月11~14日)で、感染症の起炎菌になりうる眼表面に常在するCorynebacterium属と眼感染症との関係について解説した。菌種別に見ると最も多く分離されるC. macginleyiは起炎菌となっている可能性は低く、次いで多く分離されるC. oculiが起炎菌となる可能性が高いと指摘。また、炎症眼からC. macginleyi以外の菌種が多く同定されることからC. macginleyiとそれ以外の菌種に分けて検討することがCorynebacterium属の眼感染症を考える上で重要になると強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  コリネバクテリウム感染症の起炎菌種を探る

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516914 有効期限:12月末まで