メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  静注鉄剤高用量投与の心血管安全性を確認

静注鉄剤高用量投与の心血管安全性を確認

PIVOTAL試験

 2018年11月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 維持透析患者の貧血管理には静注鉄剤が標準的に用いられているが、臨床的に有効な投与方法に関する比較データは少ない。このほど英・King's College HospitalのIain C. Macdougall氏らが、静注鉄剤の高用量積極的投与と低用量慎重投与を比較したPIVOTAL試験の結果をNew Engl J Med2018年10月26日オンライン版)に発表した。静注鉄剤の高用量投与は低用量投与に対する非劣性を示し、全死亡、主要心血管イベント、感染のリスク上昇と関連しなかった。また、目標ヘモグロビン(Hb)レベルを維持するための赤血球造血刺激因子製剤(ESA)の投与量減少も得られたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  静注鉄剤高用量投与の心血管安全性を確認

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06516924 有効期限:6月末まで