メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  静注鉄剤高用量投与の心血管安全性を確認

静注鉄剤高用量投与の心血管安全性を確認

PIVOTAL試験

2018年11月09日 06:10

5名の医師が参考になったと回答 

 維持透析患者の貧血管理には静注鉄剤が標準的に用いられているが、臨床的に有効な投与方法に関する比較データは少ない。このほど英・King's College HospitalのIain C. Macdougall氏らが、静注鉄剤の高用量積極的投与と低用量慎重投与を比較したPIVOTAL試験の結果をNew Engl J Med2018年10月26日オンライン版)に発表した。静注鉄剤の高用量投与は低用量投与に対する非劣性を示し、全死亡、主要心血管イベント、感染のリスク上昇と関連しなかった。また、目標ヘモグロビン(Hb)レベルを維持するための赤血球造血刺激因子製剤(ESA)の投与量減少も得られたという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  静注鉄剤高用量投与の心血管安全性を確認