メニューを開く 検索を開く ログイン

プロバイオティクスは常に"良い菌"ではない

 2018年11月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images kuppa_rock ※画像はイメージです

 プロバイオティクスは腸の健康によいものと考えられ、プロバイオティクスが含まれるサプリメントやヨーグルトを定期的に摂取している人も少なくない。しかし、米・University of TexasのWoojung Shin氏らは、炎症性腸疾患(IBD)など腸に炎症が生じ腸管上皮のバリア機能が損傷している状態では、プロバイオティクスはむしろ有害に働く可能性があることを示唆。Proc Natl Acad Sci USA(2018年10月22日)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  プロバイオティクスは常に"良い菌"ではない

error in template: found but mtif was expected