メニューを開く 検索を開く ログイン

限局性前立腺がんの新ガイドライン発表

米3学会合同

 2018年11月12日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国放射線腫瘍学会(ASTRO)、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、米国泌尿器学会(AUA)は合同で、限局性前立腺がん患者に対して放射線外照射療法(EBRT)を行っている医師に向け、新たな治療ガイドライン(GL)を発表した。同GLでは、通常分割照射に代わる治療選択肢として、治療期間の短縮が可能な寡分割照射を推奨している。GLは、各学会が発行している機関誌Pract Radiat Oncol(2018; 8: 354-360)J Clin Oncol(2018年10月11日オンライン版)J Urol(2018年10月9日オンライン版)にそれぞれ掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  限局性前立腺がんの新ガイドライン発表

error in template: found but mtif was expected