メニューを開く 検索を開く ログイン

BCGワクチンに規格値を超えるヒ素

厚労省「新製品への切り替え、交換速やかに」

 2018年11月12日 16:35
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省は11月8日、乾燥BCGワクチンの添付溶剤(生理食塩液)の一部製品から規格値を超えるヒ素が検出された事例について、薬品等安全対策部会安全対策調査会で議論を行ったと発表。問題の製品に含まれるヒ素が全量体内に注入されたとしても安全性に問題はないが、規格値を超えていることから、厚労省では「新製品への切り替え、交換を速やかに行うべき」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  安全性情報 »  BCGワクチンに規格値を超えるヒ素