メニューを開く 検索を開く ログイン

鉄高値が心原性脳塞栓症リスクに

英・メンデルランダム化解析

 2018年11月13日 10:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Sutthaburawonk ※画像はイメージです

 脳卒中の死因の第2位で、英国では年間3万2,000人が脳卒中により死亡している。英・Imperial College LondonのDipender Gill氏らは、欧州人約4万9,000例の遺伝子データを用いたメンデルランダム化解析の結果から、鉄高値が脳卒中のうち心原性脳塞栓症のリスク上昇に関連することが示されたとStroke(2018年10月25日オンライン版)に報告。心原性脳塞栓症の原因となる心房細動の推定有病者数は、英国では約100万人(日本では70万人超)に上るとして、鉄動態とタイプ別の脳卒中や心血管疾患リスクとの関連について研究をいっそう推進させるべきと強調している。〔読み解くためのキーワード:心原性脳塞栓症

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  鉄高値が心原性脳塞栓症リスクに

error in template: found but mtif was expected