メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

日本初の『周産期心筋症診療ガイドライン』作成

 2018年11月14日 09:57
プッシュ通知を受取る

42名の先生が役に立ったと考えています。

 周産期心筋症は産科と循環器科の境界領域に位置付けられる希少疾患であり、長年、疾患概念の周知は不十分で統一された診断基準もなかった。そこで、国立循環器病研究センター周産期・婦人科の神谷千津子氏ら厚生労働科学研究班(以下、研究班)は、日本初となる『周産期心筋症診療ガイドライン』(以下、GL)を策定、第22回日本心不全学会(10月11~13日)でその概要を報告した。GLは来年(2019年)3月に公表予定であるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  日本初の『周産期心筋症診療ガイドライン』作成

error in template: found but mtif was expected