メニューを開く 検索 ログイン

日本初の『周産期心筋症診療ガイドライン』作成

2018年11月14日 09:57

42名の医師が参考になったと回答 

 周産期心筋症は産科と循環器科の境界領域に位置付けられる希少疾患であり、長年、疾患概念の周知は不十分で統一された診断基準もなかった。そこで、国立循環器病研究センター周産期・婦人科の神谷千津子氏ら厚生労働科学研究班(以下、研究班)は、日本初となる『周産期心筋症診療ガイドライン』(以下、GL)を策定、第22回日本心不全学会(10月11~13日)でその概要を報告した。GLは来年(2019年)3月に公表予定であるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  日本初の『周産期心筋症診療ガイドライン』作成

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD516942 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外