メニューを開く 検索を開く ログイン

統合失調症患者への栄養指導介入で体重減少

患者のメタボリックシンドローム予防

 2018年11月14日 09:42
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 日本精神科病院協会と日本臨床精神神経薬理学会が発足させた抗精神病薬治療と身体リスクに関する合同プロジェクト委員会では、統合失調症患者を対象としてわが国の診療実態に即したメタボリックシンドローム予防に関する介入法を検討する目的で調査を施行。その知見を基に国立精神・神経医療研究センター臨床研究計画・解析室長の菅原典夫氏らは、統合失調症患者における栄養指導介入法について検討した結果、「統合失調症患者において栄養指導と体重手帳による介入で有意な体重減少が認められた」と第114回日本精神神経学会(6月21~23日)で報告した。(関連記事「外来と入院で異なるメタボ率」「抗精神病薬が安静時心拍数を増加」「統合失調症患者の命と健康への提言」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  統合失調症患者への栄養指導介入で体重減少

error in template: found but mtif was expected