メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ダパグリフロジンに心不全、腎障害抑制効果

心血管安全性を確認

 2018年11月16日 06:30
プッシュ通知を受取る

47名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病患者における主要心血管イベント(3ポイントMACE:心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性虚血性脳卒中の複合)に関して、SGLT2阻害薬ダパグリフロジンのプラセボに対する非劣性が示され、心不全による入院、腎イベントの発生も抑制された。米・Brigham and Women's HospitalのStephen D. Wiviott氏らが、心血管疾患の既往または危険因子を有する2型糖尿病患者1万7,000例超を対象にした第Ⅲ相ランダム化比較試験DECLARE-TIMI58の結果を米国心臓協会学術集会(AHA 2018、11月10~12日、シカゴ)で発表、N Engl J Med2018年11月10日オンライン版)に同時掲載した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  ダパグリフロジンに心不全、腎障害抑制効果