メニューを開く 検索を開く ログイン

ビタミンDとω-3はがん・心血管疾患を予防せず

地域住民約2万6,000例を対象としたRCT

 2018年11月16日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Brigham and Women's Hospital/Harvard Medical SchoolのJoAnn E. Manson氏らの研究グループは、がんおよび心血管疾患に対するビタミンDとn-3系脂肪酸(ω-3脂肪酸)の予防効果の検証を目的として、米国の一般住民約2万6,000例を対象にプラセボ対照ランダム化比較試験VITALを実施。その結果、ビタミンDまたはω-3脂肪酸を補充しても、がんと心血管疾患の発生はいずれも減少しないことが分かった。結果は米国心臓協会学術集会(AHA 2018、11月10~12日、シカゴ)で発表され、N Engl J Med2018年11月10日オンライン版2018年11月10日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  ビタミンDとω-3はがん・心血管疾患を予防せず