メニューを開く 検索 ログイン

急性網膜壊死、診断基準をうまく使う方法

2018年11月16日 06:20

6名の医師が参考になったと回答 

 急性網膜壊死は、単純ヘルペスウイルス(HSV)または水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)の網膜感染により生じ、予後不良の疾患である。東京医科歯科大学眼科講師の高瀬博氏は第72回日本臨床眼科学会(10月11~14日)で、厚生労働省の研究班が作成した急性網膜壊死の診断基準について解説するとともに、診断上の注意点を述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  急性網膜壊死、診断基準をうまく使う方法

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで