メニューを開く 検索を開く ログイン

眼科でも栄養要求性連鎖球菌が起炎菌に

 2018年11月19日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 血液培養陰性の心内膜炎症例の起炎菌にもなる栄養要求性連鎖球菌(NVS)は、眼科領域でも角膜炎や眼内炎の起炎菌として報告されるようになっている。群馬大学眼科准教授の戸所大輔氏は第72回日本臨床眼科学会(10月11~14日)で、NVSによる眼感染症についてレビューし、検出、同定するコツや注意点を解説した。眼感染症の起炎菌不明例の一部はNVSである可能性があると指摘し、「眼科領域でのNVSの病態解明に向けて症例の蓄積が必要」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  眼科でも栄養要求性連鎖球菌が起炎菌に

error in template: found but mtif was expected