メニューを開く 検索を開く ログイン

リナグリプチンの心血管安全性を証明

優越性は認めず

 2018年11月19日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Dallas Diabetes Research CenterのJulio Rosenstock氏らは、心血管および腎リスクが高い成人2型糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬リナグリプチンの心血管および腎アウトカムへの長期安全性を検証するCARMELINA試験を実施した。その結果、リナグリプチンの長期安全性は実証されたが、プラセボに対する優越性は認められなかったことを、JAMA2018年11月9日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  リナグリプチンの心血管安全性を証明