メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  基礎医学 »  ベルツ賞は"エピジェネティクス"牛島氏に

ベルツ賞は"エピジェネティクス"牛島氏に

研究リードの功績たたえ

 2018年11月19日 17:55
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

1811020_ph1_cap.jpg

 今年で55回目を迎える2018年度ベルツ賞の贈呈式が、11月16日にドイツ大使館(東京都)で行われた。今回の募集テーマは「医学・医療におけるエピジェネティクスの研究」。1等賞には、国立がん研究センター研究所エピゲノム解析分野の分野長を務める牛島俊和氏による「エピジェネティックフィールド : その発見から、形成機構解明、臨床応用まで」が、2等賞には理化学研究所生命医科学研究センター免疫器官形成研究チームのチームリーダーである古関明彦氏による「エピジェネティクスによる器官構築と維持の制御」が選ばれた。1等賞を受賞した牛島氏には800万円、2等賞の古関氏には400万円の賞金と、賞状、メダルがそれぞれ授与された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  基礎医学 »  ベルツ賞は"エピジェネティクス"牛島氏に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517129 有効期限:12月末まで