メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  身体所見による心不全診断のコツ

身体所見による心不全診断のコツ

 2018年11月20日 06:15
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 心不全の診断において、病歴聴取に引き続いて行われる身体所見は、在宅や救急医療の現場でも非常に重要な役割を持つ。杏林大学循環器内科教授の佐藤徹氏は第22回日本心不全学会(10月11~13日)で、右心不全の代表的な所見である頸静脈怒張(JVD)観察のポイントやJVDから右房圧を推定する方法などを詳説。身体所見の中でも心不全診断に必須の所見をまとめて解説し、心不全診断のこつを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  身体所見による心不全診断のコツ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516994 有効期限:12月末まで