メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  身体所見による心不全診断のコツ

身体所見による心不全診断のコツ

2018年11月20日 06:15

21名の医師が参考になったと回答 

 心不全の診断において、病歴聴取に引き続いて行われる身体所見は、在宅や救急医療の現場でも非常に重要な役割を持つ。杏林大学循環器内科教授の佐藤徹氏は第22回日本心不全学会(10月11~13日)で、右心不全の代表的な所見である頸静脈怒張(JVD)観察のポイントやJVDから右房圧を推定する方法などを詳説。身体所見の中でも心不全診断に必須の所見をまとめて解説し、心不全診断のこつを紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  身体所見による心不全診断のコツ