メニューを開く 検索を開く ログイン

リードレスペースメーカ、日本での現況は?

国内承認後1年の植え込み状況を報告

 2018年11月20日 06:20
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 リードレスペースメーカは本体とリードが一体化したカプセル型のペースメーカで、カテーテルを用いて大腿静脈経由で右心室内に留置する。従来の経静脈ペースメーカで課題とされていたデバイスポケット/リード関連合併症の心配が無用となる他、手技時間の短縮などが期待できることから、日本では昨年(2017年)9月の販売開始以降、急速に使用が広がっている。国立循環器病研究センター心臓血管内科部長の草野研吾氏は、第67回日本心臓病学会(9月13〜15日)で、日本でのリードレスペースメーカの植え込み状況を報告するとともに、安全に植え込みを行うための注意点を提示した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  リードレスペースメーカ、日本での現況は?