メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  コンタクト不適切販売、なぜ改善しない?

コンタクト不適切販売、なぜ改善しない?

 2018年11月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 コンタクトレンズ(CL)は高度管理医療機器であり、添付文書にも眼科医師の指示により使用することが記載されているが、処方箋や検査なしでの販売が横行するなど販売をめぐってさまざまな問題を抱えており、日本眼科医会などは販売適正化に向けて努力を続けている。神鳥眼科医院(鳥取県)院長の神鳥高世氏は第72回日本臨床眼科学会(10月11~14日)で、昨年(2017年)厚生労働省がCL販売の適正化で通知を発出するまでの経緯とともに、その後の状況を説明した。その上で、「通知は啓発という意味では評価できるが、罰則がないため実効性が疑問」とし、適正販売への道のりは遠いという認識を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「桜を見る会」来年度は中止

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  コンタクト不適切販売、なぜ改善しない?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11517123 有効期限:11月末まで