メニューを開く 検索を開く ログイン

脳波所見から考えるてんかんとADHD

 2018年11月21日 06:05
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

 注意欠陥・多動性障害(ADHD)患児では、てんかん合併や脳波異常を認める頻度が高いことが知られる。一方、多動・衝動性など行動上の問題を有する児は、脳波上てんかん性突発波を認め、症状の改善には抗てんかん薬が有効との報告もあるため、ADHDとてんかんは相互に関連すると推定されている。山梨大学小児科講師の金村英秋氏は、てんかんおよびADHDにおける行動異常と脳波異常との関連について検討、第52回日本てんかん学会(10月25~27日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  脳波所見から考えるてんかんとADHD