メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  4週1回皮下投与で血友病Aの出血を抑制

4週1回皮下投与で血友病Aの出血を抑制

国際共同第Ⅲ相試験HAVEN4

 2018年11月21日 06:15
プッシュ通知を受取る

 血友病Aの治療は先天的に不足している血液凝固第Ⅷ因子の定期補充療法で行われるが、治療を阻む大きな壁が治療効果を減弱させる同種抗体(インヒビター)の出現である。今年(2018年)5月に登場したエミシズマブは中外製薬が開発した国産製剤で、第Ⅷ因子の機能を代行するためインヒビターを有する血友病A患者に適応を持つ抗体製剤である。同薬を用いた国際共同第Ⅲ相試験HAVEN4の結果について、東京医科大学臨床検査医学分野主任教授の福武勝幸氏が、第80回日本血液学会(10月12〜14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  4週1回皮下投与で血友病Aの出血を抑制

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05517052 有効期限:5月末まで