メニューを開く 検索を開く ログイン

ステロイド抵抗性に感染が関与

消化管急性GVHDを対象とした検討

 2018年11月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 同種造血幹細胞移植(allo-SCT)後に生じる合併症の1つである急性移植片対宿主病(GVHD)の中でも、消化管急性GVHD(GI-GVHD)は重篤でステロイド抵抗性を示した症例の予後は特に不良である。第80回日本血液学会(10月12〜14日)において、北海道大学病院血液内科の白鳥聡一氏が、GI-GVHD発症時の感染症合併がステロイド抵抗性発現のリスク因子であると報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  ステロイド抵抗性に感染が関与

error in template: found but mtif was expected