メニューを開く 検索 ログイン

ステロイド抵抗性に感染が関与

消化管急性GVHDを対象とした検討

2018年11月21日 06:00

2名の医師が参考になったと回答 

 同種造血幹細胞移植(allo-SCT)後に生じる合併症の1つである急性移植片対宿主病(GVHD)の中でも、消化管急性GVHD(GI-GVHD)は重篤でステロイド抵抗性を示した症例の予後は特に不良である。第80回日本血液学会(10月12〜14日)において、北海道大学病院血液内科の白鳥聡一氏が、GI-GVHD発症時の感染症合併がステロイド抵抗性発現のリスク因子であると報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  ステロイド抵抗性に感染が関与

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD517054 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外