メニューを開く 検索を開く ログイン

薬剤耐性、大規模な啓発が必要

 2018年11月22日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 2015年5月、世界保健機関(WHO)総会で「薬剤耐性(AMR)に関する国際行動計画」が採択された。これを受けて日本では、2016年4月に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」が策定された。以降、毎年11月は「AMR対策推進月間」に設定されている。欧米では、AMRに対する認知向上を促す啓発活動が進み、その効果についてもアンケートで評価し、改善が図られている。一方、日本ではAMRに関する啓発活動は始められて間もない。国立国際医療研究センター・国際感染症センター/イタリア国立感染症研究所Lazzaro Spallanzaniの鎌田一宏氏らは、2016年からのAMR対策推進による普及啓発に伴う一般の認知の推移を知るべく、2017年に全国アンケートを実施。その調査結果がPLoS One(2018: 13; e0207017)に掲載された。抗菌薬とAMRについての一般の理解は設問ごとにばらつきが見られ、引き続き、大規模な啓発が必要であることが浮き彫りとなっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  薬剤耐性、大規模な啓発が必要