メニューを開く 検索を開く ログイン

歯周病による生活習慣病のエビデンス続々

 2018年11月22日 06:00
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

 歯周病が生活習慣病の発症に関与することは、疫学研究により示されてきた。近年、その機序が明らかになりつつある。11月8日の「いい歯の日」を記念して10月29日に行われたメディアセミナーでは、鶴見大学歯学部教授の花田信弘氏が登壇し「歯周病の実態と多疾患への影響」と題した講演を行った。歯周病菌であるPorphyromonas gingivalisP. gingivalis)が関わる生活習慣病の発症機序を解説し、生涯の健康維持には口腔のKeystone病原体となる歯周病菌P. gingivalisの感染防止と除菌が重要であると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  歯周病による生活習慣病のエビデンス続々