メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  トリグリセライド低下戦略、再び表舞台に

トリグリセライド低下戦略、再び表舞台に

高用量EPAが適切なスタチン療法下でCVDを抑制

 2018年11月22日 17:57
プッシュ通知を受取る

38名の先生が役に立ったと考えています。

 魚油に豊富に含まれる多価不飽和脂肪酸の一種、イコサペント酸エチル(EPA)。その高純度製剤であるEPAエチル製剤(以下、EPA製剤)の高用量投与によるトリグリセライド(TG)の低下が、ストロングスタチン時代の適切なLDLコレステロール(LDL-C)管理下においても、心血管疾患(CVD)の有意な抑制をもたらすことが明らかになった。高TG血症患者8,000例超を対象とした二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)REDUCE-ITで証明されたもので、米・Brigham and Women's Hospital Heart and Vascular Center/Harvard Medical School教授のDeepak L. Bhatt氏が、米国心臓協会学術集会(AHA 2018、11月10~12日、シカゴ)で発表した。結果は、N Engl J Med2018年11月10日オンライン版)に同時掲載された。

Reduction of Cardiovascular Events With EPA-Intervention Trial

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  トリグリセライド低下戦略、再び表舞台に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517188 有効期限:12月末まで