メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  大動脈弁狭窄症による突然死の主因は?

大動脈弁狭窄症による突然死の主因は?

多施設登録データから解析

 2018年11月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 大動脈弁狭窄症(AS)は無症状でも突然死が発生することがあり、注意して治療に当たるべきである。しかし、ASに関連する突然死の発生率は約20年前の単施設研究に基づいて検討されており、予測因子の検討も十分でない。そこで、小倉記念病院(北九州市)循環器内科の谷口智彦氏らは、近年集計された多施設登録データを用いて、ASと関連する突然死の発生率や予測因子を解析。その結果、発生率は従来の報告より高く、患者背景に関する項目の中に有意な予測因子が存在することが明らかになったと、第22回日本心不全学会(10月11~13日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  大動脈弁狭窄症による突然死の主因は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10517121 有効期限:10月末まで