メニューを開く 検索を開く ログイン

睡眠・覚醒が双極性障害と密に関連

 2018年11月26日 06:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

Takaesu およそ24時間周期で生体リズムをつかさどる概日リズム(サーカディアンリズム)。近年、概日リズムの乱れがうつ病や双極性障害などの気分障害の病態と密接に関連することが報告されている(関連記事)。第28回日本臨床精神神経薬理学会/第48回日本神経精神薬理学会(CNPNP 2018、11月14〜16日、東京)のシンポジウム「精神神経疾患と睡眠の新たな関係」では、杏林大学精神神経科学教室講師の高江洲義和氏が登壇。概日リズム障害と双極性障害の関連についてエビデンスを紹介するとともに、断眠・光療法や暗闇療法など時間生物学的治療の有効性について言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  睡眠・覚醒が双極性障害と密に関連