メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

 2018年11月27日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 てんかん患児では発達障害や知的障害を合併する場合が少なくない。小児期のてんかん発作は、脳の重要な発達段階におけるネットワーク異常を来すため、いかに早期に発作をコントロールするかが重要である。一方で、外科治療は、薬剤抵抗性を示すてんかん患児に対する治療選択肢として確立されつつあるが、その予後については明らかになっていないことが多い。国立病院機構長崎医療センター小児科の本田涼子氏は、てんかん患児に対する外科治療が発達に及ぼす影響について考察し、第52回日本てんかん学会(10月25~27日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

error in template: found but mtif was expected