メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

 2018年11月27日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 てんかん患児では発達障害や知的障害を合併する場合が少なくない。小児期のてんかん発作は、脳の重要な発達段階におけるネットワーク異常を来すため、いかに早期に発作をコントロールするかが重要である。一方で、外科治療は、薬剤抵抗性を示すてんかん患児に対する治療選択肢として確立されつつあるが、その予後については明らかになっていないことが多い。国立病院機構長崎医療センター小児科の本田涼子氏は、てんかん患児に対する外科治療が発達に及ぼす影響について考察し、第52回日本てんかん学会(10月25~27日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517140 有効期限:12月末まで