メニューを開く 検索 ログイン

てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

2018年11月27日 06:00

5名の医師が参考になったと回答 

 てんかん患児では発達障害や知的障害を合併する場合が少なくない。小児期のてんかん発作は、脳の重要な発達段階におけるネットワーク異常を来すため、いかに早期に発作をコントロールするかが重要である。一方で、外科治療は、薬剤抵抗性を示すてんかん患児に対する治療選択肢として確立されつつあるが、その予後については明らかになっていないことが多い。国立病院機構長崎医療センター小児科の本田涼子氏は、てんかん患児に対する外科治療が発達に及ぼす影響について考察し、第52回日本てんかん学会(10月25~27日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかん患児への手術が発達に及ぼす影響は?

error in template: found but mtif was expected