メニューを開く 検索を開く ログイン

飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下

 2018年11月27日 06:15
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 バーやレストラン、職場など多くの人が集まる場所を全面禁煙とする「スモークフリー政策」が導入された地域の非喫煙者では、そうでない地域の非喫煙者と比べて収縮期血圧(SBP)値の低下が認められたとの研究結果がJ Am Heart Assoc2018年11月21日オンライン版)に発表された。この研究を実施した米・Children's Hospital of PhiladelphiaのStephanie Mayne氏らは「これまでにスモークフリー政策の導入が心血管疾患による入院リスクを低減させたとの報告はあったが、同政策が血圧値に影響することを示した研究は今回が初めてだ」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下

error in template: found but mtif was expected