メニューを開く 検索 ログイン

免疫チェックポイント阻害薬による肝障害

2018年11月28日 06:10

5名の医師が参考になったと回答 

 がん治療における免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の適応は広がり続けている。しかし、免疫を調整することにより投与中に特徴的な有害事象である免疫関連有害事象(irAE)が発生することが報告されている。旭川医科大学消化器・血液腫瘍制御内科の澤田康司氏はICIに関連した薬剤性肝障害(DILI)の臨床的特徴について第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018、11月1〜4日)で報告。「グレード3の肝機能障害ではステロイドの投与が必要であった」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  免疫チェックポイント阻害薬による肝障害

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD517126 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外