メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  2030年までに世界のインスリン使用量20%増

2030年までに世界のインスリン使用量20%増

 2018年11月28日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 2030年までに世界全体のインスリン使用量は20%以上増加する。米・Stanford UniversityのSanjay Basu氏らは、2018~30年の世界各国における2型糖尿病に用いるインスリン使用量を年ごとに推定、Lancet Diabetes Endocrinol2018年11月20日オンライン版)に発表した。ただし、インスリンへのアクセスが改善されない限り、インスリンを必要とする患者の半数はインスリン治療を受けられないことになるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  2030年までに世界のインスリン使用量20%増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517200 有効期限:12月末まで