メニューを開く 検索を開く ログイン

2030年までに世界のインスリン使用量20%増

 2018年11月28日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 2030年までに世界全体のインスリン使用量は20%以上増加する。米・Stanford UniversityのSanjay Basu氏らは、2018~30年の世界各国における2型糖尿病に用いるインスリン使用量を年ごとに推定、Lancet Diabetes Endocrinol2018年11月20日オンライン版)に発表した。ただし、インスリンへのアクセスが改善されない限り、インスリンを必要とする患者の半数はインスリン治療を受けられないことになるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  2030年までに世界のインスリン使用量20%増