メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

非代償性肝硬変に有望な新薬

有効性、安全性ともに高い

 2018年11月28日 06:15
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 日本にはC型肝炎ウイルス(HCV)感染による非代償性肝硬変患者が3万5,000〜5万人いるとされているが、確立された治療法はない。大阪大学大学院・消化器内科学教授の竹原徹郎氏は、日本人C型肝炎患者に対する核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害薬ソホスブビルと第二世代NS5A阻害薬ベルパタスビルの合剤(SOF/VEL)±リバビリン(RBV)の1回/日12週投与について有効性と安全性を検討する第Ⅲ相試験の結果を第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018、11月1〜4日)で報告。「SOF/VELは、C型非代償性肝硬変患者において有効性、安全性ともに高い治療法といえる」と述べた。(関連記事:「重度肝硬変の新薬の開発が進展」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  非代償性肝硬変に有望な新薬

error in template: found but mtif was expected