メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

5つの上手な怒り方とは?

後編・医療関係者のためのアンガーマネジメント

 2018年11月29日 16:40
プッシュ通知を受取る

47名の先生が役に立ったと考えています。

 激怒とはいわないまでも、急いでいるときに限って電車が遅延したり、至急連絡を取りたいのに院内PHSが通じないなど、多少なりとも日常でいらいらした経験は誰しもあるのではないだろうか。こうした感情を自らコントロールし、コミュニケーションを改善するアンガーマネジメントの手法は、1970年代に米国で誕生した。9月22日に東京で開かれた第21回日本女性外科医会(JAWS)勉強会(共催=東京慈恵会医科大学女性医師キャリア支援室)で、医療人のためのアンガーマネジメントを解説した秋田大学総合地域医療推進学講座准教授の蓮沼直子氏は、5つの上手な怒り方について紹介した。(関連記事:「前編『怒りのマネジメント』できていますか?」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  5つの上手な怒り方とは?

error in template: found but mtif was expected