メニューを開く 検索を開く ログイン

極端な睡眠時間で転倒リスクが上昇

米・Women's Health Initiative

 2018年11月29日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 米国の一般閉経女性を対象とした大規模試験であるWomen's Health Initiative(WHI)の解析から、睡眠を毎晩7〜8時間取っている女性に比べて、5時間以下または10時間以上の女性では、転倒発生リスクが約25%上昇したことが分かった。米・University of PittsburghのJane Cauley氏らがJ Bone Miner Res2018年11月21日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  極端な睡眠時間で転倒リスクが上昇

error in template: found but mtif was expected