メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢者の多くが合わない眼鏡をかけている

 2018年11月30日 06:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images seb_ra ※画像はイメージです

 視力障害は高齢者に多く見られ、健康状態やQOLを低下させる他、日常生活活動の依存度を増加させる。フランス・Université de BordeauxのCatherine Helmer氏らは、フランスで実施されたコホート研究の参加者を対象に集団ベースの横断解析を実施し、高齢者(78歳以上)の約40%は、適切な眼鏡を用いれば改善可能な矯正不良の視力障害(近視、遠視、乱視など)を有しているとJAMA Ophthalmol(2018年9月20日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  高齢者の多くが合わない眼鏡をかけている

error in template: found but mtif was expected